Overblog Follow this blog
Edit post Administration Create my blog

マークバイマークジェイコブス トートPretty Nylon Large Tote

Posted on March 20 2013

マークバイマーク トート再生可能エネルギーの「可能性」原子力を代替するエネルギーには、化石燃料と再生可能エネルギー(水力、太陽光、風力、地熱、バイオマス等)しかありません!ただ、発電時にCO2を出さない原子力を化石燃料に置き換えることは、地球温暖化対策の面からみれば「逆行」です!そこで脚光を浴びているのが、再生可能エネルギー!「選択肢」では、現在10%程度のそのエネルギー比率を、25~35%程度にまで高めることを提言しています!再生可能エネルギーは「現在10%程度」と言いましたが、9%は水力発電です!日本の現状を考えるならば、新たに大型のダムを造って、水力発電を大幅に増やすのは不可能!すなわち目標を達成するためには、現在1%程度の太陽光や風力などの「自然エネルギー」を急速に導入する必要があり、そのハードルは、決して低いものではありません!ここでは太陽光発電に限って、導入の課題を考えてみましょう!「選択肢」では、2030年時点の太陽光発電の導入量を、“(1)シナリオ”では721億kWhに、“(2)、(3)シナリオ”(再エネ30%の場合)では666億kWhに設定しています!

マークバイマークジェイコブス トートPretty Nylon Large Tote

マークバイマーク トートマークバイマークジェイコブス トートPretty Nylon Large Tote

いま、日本で太陽光パネルが設置可能な一戸建て住宅は、およそ1200万戸です!では、「目標」達成のためには、このうちどれくらいの住宅に発電設備を設ける必要があると思いますか?“(2)、(3)シナリオ”では1000万戸、“(1)シナリオ”だと1200万戸すべてに付ける計算になる、というのが答えです!1000万戸というのは、今すぐ設置可能なほぼすべての住宅!1200万戸だと、耐震性に問題があることなどからすぐには付けられない住宅なども、改修して導入することが前提となります!正直、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」といったインセンティブのみで超えられるハードルには思えません!実現のためには、「太陽光発電を設置できる住宅には、すべて付けるべし」といった、行政による強制力の行使が不可欠になるものと思われます!でも、それがどこまで可能でしょうか? 設置にかかる費用は、誰がどのような形で負担するのでしょうか?なお、ドイツでは固定価格買取制度などの再エネ導入支援策により、総発電電力量に占める再エネの割合は14.

マークバイマーク トート マークバイマークジェイコブス トートPretty Nylon Large Tote

1%(2009年)に拡大!しかしながら、電気料金が上昇し、2012年4月以降は太陽光の買取価格を毎月引き下げることとしています!日本では、2010年の太陽光発電設置戸数はおよそ90万戸です!シナリオに沿うならば、これから年に45万~55万戸のペースで導入する必要があります!現在、新築住宅の着工戸数は年に30万戸程度ですから、そのすべての屋根に付けたとしても、間に合いません!国の将来像を決める議論さて、「選択肢」をめぐる今後の日程ですが、政府は意見聴取会やパブリックコメントの募集などの国民的議論を経た後、8月には「革新的エネルギー・環境戦略」を決定し、速やかに「エネルギー基本計画」をまとめるとしています!なお、報道によれば、十分に時間をかけて議論をすべきとの声が高まっていることから、9月以降に決定を延期する案も浮上しています!福島第一原子力発電所の事故を踏まえて、エネルギーに関する新たな戦略を練り方向性を決めるという総論に、反対する人はいないでしょう!しかし、述べたように原子力の比率を減らせば、それに応じて社会に大きな負荷がかかる可能性があることも、紛れもない事実!

マークバイマークジェイコブス トートPretty Nylon Large Tote

マークバイマーク トートマークバイマークジェイコブス トートPretty Nylon Large Tote

大事なのは「とにかく原発を減らせばいい」で思考停止することなく、そのメリット・デメリットを十分検討したうえで、合理的な判断を下すことではないでしょうか!また、国際情勢や国民の負担等の情勢変化も踏まえ、適切に見直すことも重要だと思います!電気は、私たちの暮らしになくてはならないもの!特に自前の資源に乏しいわが国にとって、エネルギー政策のあり方は、国の将来を決定づけるものだと言っても過言ではありません!本当の意味での「国民的議論」を望みたいと思います!

Comment on this post